それ、やっちゃダメ

その行為、傷めてます

髪をシャンプーする前に、美容院では、たっぷり時間をかけてお湯で髪を洗ってくれます。
自分で洗う際に、そこまで時間をかける人はどのくらいいるでしょうか。
しかし、美髪への秘密は、このシャンプー前にどれだけ髪にお湯をなじませるかにあったのです。
また髪を湯船につけてはいませんか。
湯船に入浴剤などを使う人も多いと思いますが、この入浴剤入りのお湯に浸けてしまうと、髪が傷んでしまいます。
髪はぬるま湯で洗うのがベストです。
そしてたっぷり時間をかけて丁寧に洗うのがよいでしょう。
シャンプーは、泡立ててから使用します。
シャンプーの成分にラウリル硝酸Naが入っている場合は注意が必要です。
なるべく不使用のものが髪にはよいですが、市販のシャンプーにはたいてい含まれています。
洗浄力が強いので、直接地肌につけないようにしましょう。

シャンプーは裏をよく見て

髪の毛は、グルタミン酸やシスチンをはじめとするいくつかのアミノ酸で構成されています。
ですから、アミノ酸が含まれるシャンプーを使ったほうが髪へのダメージは、アルカリ性の成分が含まれるシャンプーを使ったときよりも少ないです。
人工のものよりも、天然由来の成分が含まれていた方が、髪にも地肌にも優しいです。
しかし、どんなによいとされているものも、その人の髪質によって効果が違います。
また年齢によっても、ケアの仕方が変わってきたりもします。
一番の髪質改善は、自分の髪質に合ったシャンプーを使うことです。
そのためには先ず、自分の髪質を知り、その髪質に一番効果的なシャンプーの成分がどれなのかを知る必要があります。


B!