正しいお手入れで天使の輪を出現させよう

「髪」という漢字を習うとき、「髪は、長い友達です。」と教わりました。
平安時代の女の人は、何よりも髪を大事にしてきました。
髪を切るということは人生の一大事でした。
現在では、そんなことはありませんが、気分を変えたいときに、長い髪をバッサリ切るなんてことはよくあります。
髪の長い短いによって、印象がずいぶん変わります。
髪の毛がきれいだと、見た目年齢が若く見えます。
男性の視線が一番いきやすい場所が、髪だということですから、髪は、人からよく見られる箇所ということです。
実際に、整えられている髪の人は、ボサボサで櫛も通していないような人と比べて、印象がよいです。
逆に髪にかまわない人は、男性も女性も印象がよくありません。

生まれた頃は、誰しも艶やかな髪を持っていますが、乾燥や日々の生活習慣によってダメージを受けます。
また、カラーリングやパーマをかけている人は特に、薬剤によってダメージを受けることもあります。
そのダメージを補正して髪に潤いを与えると艶やかな髪を取り戻せます。
一番手っ取り早い方法は、「美容院でトリートメントをする」です。
髪質改善専門の美容室もあるそうです。
30分ほどの施術を受ければ、きれいな髪を取り戻せます。
ただ、髪質改善といっても、本来の自分の髪の毛の毛質を変えるわけではありません。
癖のある毛質の人が、サラサラのストレートにしたいというのとは違います。
その人の持つ本来の美しさを取り戻すということです。